ブログ

注※画像はイメージです。

恐縮です、太田です。

春の訪れを感じる今日この頃
4月までもうすぐですね。
サヨナラを繰り返し君は大人になる~♪
なんて歌もございましたがね。
3月は卒業やら転勤とか別れの時期でもありますがね、
何が言いたいかというと・・・・

僕を「ポイしないでください!」と言いたかっただけです。

今後とも僕とピンポンをごひいきにお願いします。
最近は薄っぺらい内容でお送りしておりますが

今日のネタは「僕の風俗体験其の一」をお送りします。

ピンポンに来る前でしたから5年前頃の話
当時デリヘルにハマってましていつもは自宅にデリバリーヘルスを呼んで
まして僕はビール飲んで女の子にジュースやらお菓子やらを振る舞い
テレビやDVDを観ながらエッチな事は一切せず、僕がそのうちすぐ寝て
気が付いたら朝になってて女の子が帰ってるというデリヘルならぬ
「キャバデリ」で無駄なお金を使っていました(笑)
その日は友人と池袋で飲んでいて終電も無くなりキャバクラでも行こうかと思い
北口を友人とフラフラしていたら、キャッチのお兄さんに声を掛けられて
「キャバとヌキどっちお探しですか?」言われたのですが、友人は溜まっていたらしく
僕も酔っていたのでどうでもよくなっていたので友人とノリでヌキを紹介してもらうことに
なりました。
60分で2万円位だと記憶してますがキャッチのお兄さんに支払いその辺のラブホに入って
この名刺の番号に電話してくださいと言われ友人とすぐ近くのラブホに2時間休憩で入りました.
まず、ラブホの冷蔵庫を覗くとスーパードライが手招きしてるじゃないですか!
迷わず飲みますよね(笑)
「あーなんか眠くなっちゃったなー」と思いましたがとりあえず電話しないと思い
電話してホテル名と部屋番号を伝え、どのぐらい待ったか忘れましたがなんか随分待ったような気がしますが
「コンコン」とノックが鳴り、ちょっと緊張しながらドアを開けると・・・・

(゜-゜)???

そこに立っていたのは明らかに整形失敗しただろレベルのガングロギャルが・・・・
「よろしくお願いしまーす」と明らかにやる気のないトーン
しかもコンビニの袋とマツキヨの袋にめちゃくちゃ買い込んでる荷物を持ってきたわけですよ。
「もはやその私物どっかに預けられないのかよ」と思いましたが
おもぐろにコンビニ袋かいきなり水を取り出し→開ける→飲む
「今出勤したばかりでタバコ吸っていいですか?」
理由になってないがどうでも良くなっていますので(笑)
僕はもはやなにもやる気が起きません。
顔を見ると明らかに鼻の位置に違和感が・・・目がデカすぎる・・・
サイボーグ的な感じですよね。ぱっと見は叶姉妹みたいな感じですが
よくみると比べちゃいけないレベルの整形失敗したよねな顔立ち年齢は推測できません。
服を脱ぐとオッパイも明らかに入れ物入ってます的な感じ
「入れ乳」なるものを初めて見ましたが鈍感な僕でも気がつくレベル
「左胸だけズレて痛いんで右胸だけにしてくださいね。」
ズレて?ああ大変だね・苦笑
よく見りゃ☆やら文字やらタトゥーもあちこちにちゃんと色入れてないから見ため的にもなんだろね。
そだねーガングロの良さが僕にはわからないので
シャワーで体洗ってもらってイソジンうがいして先にシャワー出て体拭いてスーパードライ飲んで待ってますと
ガングロギャルがシャワーから出てきます。ここからです・・・・

「タバコ吸っていいですか?」

(゜-゜)???

もはや仕事する気0だろ!

あまりの接客の進め方にさすがに愛想笑いを浮かべるしかないですね。
もう、書いていて思い出しても腹が立つ(# ゚Д゚)

あっ、プレイですかね、キス無しチクビチロチロ舐められてあとはよく覚えてないです。

なぜなら・・・途中で寝たから(笑)

まあ、ぼったくりじゃないけど、深夜の風俗はそんな感じかなと。
客引きには注意した方がいいですよね。って話でございました。

まだまだ奇跡的な風俗体験がございますがまた次回書きたいとおもいます。

明日も「皆様の笑顔」の為に邁進してまいります

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る