ブログ

※決してお食事中には読んではいけない話だからねっ!

恐縮です、デブリーマン太田です。

ゴールデンウィークお疲れ様でした。
お陰様で期間中ピンポンに多数のご来店いただきまして
誠にありがとうございましたm(__)m

そうなんです、お客様に快適に過ごして頂く為、
待合室に新たに大画面のモニターが設置されまして、Wi-Fiも使えちゃいます!
↑これ作ってもらったんですよ。実はちょっと気に入ってます(笑)

さて、昨日たまたま東スポを読んでいたら(。´・ω・)?

「株式会社うんこ、株式会社おならを設立!」

・・・・・(。´・ω・)?

いやいや、「株式会社うんこ」ってギャグかよ!
そもそも、そんな会社名届出認められないでしょうが!
東スポさんガセネタレベル上がってんじゃんの。なかなかやるな~
と思い、Google検索してみたら

http://unco.co.jp/

・・・・・(ー_ー)!!・・・あった。存在してる。

なんてふざけた会社なんだー、僕よりふざけるとは許せん!
あれっ、ちゃんとしてる。
株式会社うんこの会社理念がなんと・・・・

テロ、凶悪犯罪、大規模災害、いじめ、虐待、リストラ、、、
あげればキリのない嫌なことの多くなった現代社会
下を向いて歩く人が多くなったような気がします

そんな時、例えば、小さな うんこ マークの付いた商品を
身につけた人を見た時、多くの人が「クスッ」と笑います 微笑みます

笑う=楽しい=喜び、元気になる
わたし達は、この「クスッ」を世の中に広めて
「少しでも多くの人に微笑んでもらいたい」そんな気持ちから会社を設立しました

うんこ で世界を楽しくしよう!
うんこ で世界を明るくしよう!
うんこ で世界を幸せにしよう!

コレがわたし達の目標です

あっ、なんか僕の人生のテーマに似ているな。
笑う=楽しい=喜び、元気になる
わたし達は、この「クスッ」を世の中に広めて
「少しでも多くの人に微笑んでもらいたい」
これが僕の人生のテーマであり、このブログの趣旨に共通しているなー
とすぐ共感してしまいました(笑)

そして、このPVがセンスいいなと思いました。

小学生の頃はなぜか学校のトイレでウンコするとからかわれた経験がある方も
いるんじゃないですかね。
僕もイジメられるのが嫌でしたので我慢してました派です。
今思えば、よく漏らさなかったなと思いますわ。

敢えてのスタイリッシュにしたのですかね。
うんこのイメージを感じさせないのがイイと思いますね。

イケメンがやるからかっこいいんでしょうが
僕が出たら間違いなく「臭い」言われますわ(笑)

確かに「うんこ漢字ドリル」が一時期は流行っていた時もございましたが
この会社は別に関係なくそれより以前に株式会社うんこ作っていたそうです。
元々、安全靴の製造、卸問屋の会社だったそうなのですが小売業がやりたくて
始めたそうなんですが他人任せにしてしまったので失敗してしまい休眠会社状態だった
会社を社名変更して作ったとか。融資を受けていた銀行に「ふざけているんですか!」
と言われたらしいです(笑)
遊び心で「うんこグッズ」を作って取引先に配っていたそうですがそれが好評で
商品化して販売してみたらウケたと。

普通のリストバンドは汗を拭うモノですがこのリストバンドはポリエステルが混じっているらしく
社長曰く、「汗を拭うどころか逆にのびるだけです」と。
(。´・ω・)?・・・・役に立たないじゃん(笑)

そしてこのシリコンバンド、社長曰く「肩こりとかに全く効きません」とキッパリ
(。´・ω・)?・・・・なぜ作ったのよ(笑)

確かにウケ狙いなんでしょうがね。クスッと笑えますね。
でもそういうところ僕は・・・・・( *´艸`)嫌いじゃない!

うんこ漢字ドリルがうんこブームを起こしてうんこ製品に注目が
集まったとはいえ、うんこの絵をTシャツやスニーカーにつけて
遊び心を製品化して販売しようとした発想が素晴らしいと思いましたね。
「うんこ」を商標登録しようと普通は考えないですもんね。
しかも、下品過ぎて商標登録取れるわけ無いと普通は考えますもんね。
「うんこの固定概念」を逆手に取ってプラスに変える。
非常に勉強になりましたね。

でも、電話とか出る時に「お電話ありがとうございます。株式会社うんこです。」
はさすがに恥ずかしいかな。
でも、会社の名前は1度聞いたら忘れないインパクトはありますね。

今日は「うんこ」何回書いたんだろう。
もうおそらく「うんこ」こんなに書く事は無いと思いますが(笑)

僕の尊敬する人リストに株式会社うんこ野崎社長が入りました。

もうお腹いっぱいですね。今日はこの辺で勘弁して!

明日も「皆様の笑顔の為」に邁進してまいります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る